ドームの積み方

側面の耐火レンガの上にドーム型にレンガを積むのですが、角にレンガを載せる為に補強下地(写真後部の左右の縦型に入れた耐火レンガ)を作る。
最後部中心に印(ドームの直径を切り抜いた紙を置くと位置がよくわかる。)をつける。
後部から前に左右調節しながらコマを貼るとバランスが良くなる。

1つ一つ丁寧に積んで行かないと誤差が大きくなってしまう。モルタルの入れ方は薄く均等にゴム槌で叩いてモルタルを出し余分を取り去ることの繰り返し。
縦横のラインを揃える様に注意。





2段目ぐらいから中に倒れてくるので砂袋を支えに入れてドーム作成を補佐する。(この方法は木材を使ってドームを作成しこの上にレンガを貼る方法より簡単です。)

左写真のドームの中の空洞部分は木の板等で取り出しやすい構造に組みこの上に紐を付けた砂袋を乗せて紐を出して置くと良い。


最後まで積み上げると上に中心の穴が残る。
これを型取り、くさび形の円錐を作り、上から打ち込むと頑丈なドームができます。

 

 

 

次に中の砂を引き出します。このために紐を付けて出しやすいようにしています。手前の砂袋から順に出さないと袋が破けて面倒になります。

これで完成で使用した木材や薪を少しずつ燃やして乾燥させて下さい。耐火セメントは熱で固まります。
(ドームの部分から煙が出る箇所が有ればゴム槌で叩いて煙が止まる場合があります。止まらない場合は耐火パテを入れると止まります。)

お問合せご相談は下記宛連絡下さい。
備中カタクリの里 平松カタクリ園 
〒716-0302 岡山県高梁市備中町布瀬1002-1
企画制作  平松恵一 090-3746-1531 Mail  katakuri@katakago.jp