煙突の取付

薪が燃えやすく短時間で適温になり、温度の低下が少なく薪の追加時も煙が少ない構造にする為には煙突の位置が大切です

炭焼き窯の様な構造を想定し、煙突の位置は前に設置し、窯から排出する出口は焼床に接した位置に設け排出調節ベン(レンガでスライドできる構造)を付け温度の流出をカットできるような仕組みをつけました。

最初の火付けは薪を入れて新聞紙1枚で薪が燃え出します。
煙突の排出弁は開放にしておきますとゴォーと音がするように燃え盛ります。
薪を1束半位で窯の中の黒いススが無くなり煙が少なくなり適温になります。残りの薪を投入し煙突の排出ベンを閉めます。

煙突は薪を燃やすためだけでなく窯の温度の調節に大きな役目があると思います。

 

写真のとおり前に煙突を付けています。焼床の上に排出口を付けています。予め耐火セメントで煙突の取付台を作成しておきます。取付台図面参照下さい。

耐火レンガを積み上げた上に調節弁用の薄いレンガを厚紙で巻いて置きます。この上に耐火セメントを1cm位の厚さに張り煙突を乗せて耐火セメントで固定します。レンガを巻いた厚紙は燃えてレンガがスライドするようになり調節弁が完成します。

煙突は耐火セメントで固定する部分をハサミで切り外に広げて用意しておきます。(煙突を長くする場合を考慮して細い方を上にしておくとよいでしょう。)

 

煙の流れと熱溜り参考図面参照

お問合せご相談は下記宛連絡下さい。
備中カタクリの里 平松カタクリ園 
〒716-0302 岡山県高梁市備中町布瀬1002-1
企画制作  平松恵一 090-3746-1531 Mail  katakuri@katakago.jp